民事再生とは

民事再生とは、借金が多くて支払いが困難になった人が民事再生を地方裁判所に申し立てするもので、借金の合計が住宅ローンを除いて5千万円以下の場合に利用ができます。
民事再生を地方裁判所に申し立てすると、一旦、債務の支払いは停止されます。
そして、債務の総額の20%(上限が300万円)、あるいは、100万円のどちらか多い方を原則として3年の分割で支払うことになり、この支払いが3年間問題なく行われた場合に残りの債務はすべて免除されます。
ただし、民事再生は住宅ローンに関しては減額することはできませんが、自宅を手放したくないという人にお勧めの債務整理となります。

 

法律事務所

民事再生のメリット

民事再生のメリットは、以下のようなものになります。

 

・借金の残額がゼロ
 3年間問題なく支払いを行えば、借金の残金がすべて無くなります。
・支払いの停止
 民事再生の申し立てをした時点で支払いが停止されます。
・自宅などの財産は維持
 自己破産とは異なって、自宅などの財産はそのまま自分の財産として保有でき、債務整理することができます。
・資格制限がない
 自己破産と違って、どの仕事に就いていたとしても、資格制限がありません。

民事再生のデメリット

民事再生のデメリットは、以下のようなものになります。

 

・官報、信用情報機関に記録される。
 民事再生が行われると、官報や信用情報機関に事故情報が記録されることになります。
ブラックリストに載ってしまうと、約7年間はローンなどの借金が組めなくなってしまいます。
・住宅ローンは減額できない。
 民事再生は、住宅のローンに関しては減額をすることができないのもデメリットで、3年間は借金の支払いをする必要がありますので、借金の額によっては、毎月の支払いが大きくなり、自己破産をした方が有利な場合もあります。

無料メール相談なら、債務整理専門の田中繁男法律事務所へ

債務整理 メール相談

 

「田中繁男法律事務所」への民事再生の相談は、何度相談しても無料です。
無料相談は、メールの場合24時間受け付けてくれます。

 

下記「民事再生の無料メール相談はこちら」をクリックしますと、債務整理専門の田中繁男法律事務所のホームページが表示されます。

 

民事再生の無料メール相談


このページの先頭へ戻る