特定調停とは

特定調停とは、借金が多額だけれども、簡易裁判所も参加してもらい、債権者と話し合って債務の軽減などを図る方法です。
裁判所の調停委員が、債務者と債権者の間に入って、双方の意見を聞きながら、合意が成立するように取りはからって頂けます。

 

法律事務所

特定調停のメリット

特定調停のメリットは、以下のようなもになります。

 

・費用が安い
 特定調停を申し込むときに裁判所に納める費用が、債権者1社につき約1,000円。
しかし、書類作成を専門家に依頼した場合は、債権者1社につき約3万円。
・利息制限法引き直し計算による元本の減額
 利息制限法を超えた利息を支払っている場合には、残元本の減額が可能となります。
・取立行為の規制
 弁護士、(認定)司法書士に依頼した場合、その時点で、貸金業者は取立行為の規制が取られます。
・官報には掲載されない
 官報には掲載されることはないため、悪徳金融の被害に遭いにくいでしょう。

特定調停のデメリット

特定調停のデメリットは、以下のようになります。

 

・簡易裁判所に何度も出廷
 特定調停の申立てや調停のために、何度も簡易裁判所へ出廷する必要があります。多重債務者の人は、時間が相当かかるかと思われます。
・借金の総額が多い人は利用ができない
 特定調停では、3年〜5年で借金を完済する必要がありますので、借金が多いと、特定調停を行っても支払能力を超えてしまう場合があり、この場合は、特定調停以外の債務整理を選ぶこととなります。
・信用情報機関に記録
 特定調停を行うと、信用情報機関にブラックリストが記録されますので、ローンができなくなります。
・和解が成立しない場合もある
 調停ですので、債務者と債権者の意見が一致しないことによって、和解が成立しないこともあります。

 

無料メール相談なら、債務整理専門の田中繁男法律事務所へ

債務整理 メール相談

 

「田中繁男法律事務所」への特定調停の相談は、何度相談しても無料です。
無料相談は、メールの場合24時間受け付けてくれます。

 

下記「特定調停の無料メール相談はこちら」をクリックしますと、債務整理専門の田中繁男法律事務所のホームページが表示されます。

 

特定調停の無料メール相談


このページの先頭へ戻る